文字サイズ

【総合監修】神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科 部長 坂井 信幸 先生
    【監修】先端医療センター病院 脳内管内治療科 医長 坂井 千秋 先生


現在地はトップの中の未破裂脳動脈瘤が見つかったらの中の脳動脈瘤の治療法【3】 血管内治療(コイル塞栓術)です。


脳動脈瘤の治療法【3】 血管内治療(コイル塞栓術)

血管内治療(コイル塞栓術)の流れ
(入院から退院まで約1週間)

  • 手術に同意
  • 入院(手術前日まで、当日も可)

    ・手術数日前から抗血小板薬を服用し、血を固まりにくくする。

  • 手術当日(通常手術は1~3時間程度)

    ・手術前に飲食の制限
    ・局所麻酔/全身麻酔
    ・カテーテルの挿入
    ・コイルをつめる
    ・術後30分〜1時間で覚醒(全身麻酔の場合)

    手術前
    動脈瘤

    手術後
    コイルで塞栓

    ・X線透視脳血管造影を行いながらカテーテルを脳の血管まで進める。
    ・コイルを脳動脈瘤の中にすき間なく充填する。
    ・脳動脈瘤の入口が広い場合や形状が不規則な場合は、複数のカテーテル、バルーン、ステントを使うこともある。
    ・治療中に出血が起きて止血が困難な場合には、開頭手術に切り替えることもある。

  • 翌朝(又は術後6時間)まで安静を保つ

    ・術後検査(CT検査、MRI検査、血液検査、脳波検査):脳への影響を確認

  • 退院(術後4~7日目が一般的)

<術後のフォローアップ>

  • 抗血小板薬を服用(術後数ヵ月またはそれ以上継続)
  •   
  • 術後2年は頻繁に検査
    ・頭部X線撮影:コイルの変型有無を確認
    ・MRI・MRA検査:脳の状態、血管の状態を確認
    ・血管造影:術後半年~1年に行うことが多い。再発を確実に確認できる。
  • 術後2年の検査で瘤の再発がなければほぼ完治とみなすが、希望があれば1年に1回程度受診します。

<術後の注意点>

術後、瘤の増大がみられたら
  
コイルの変型などにより瘤が再び増大することがあります。増大が続く時は、放置すれば破裂の危険性が高まるため再度、手術が必要です。開頭手術(クリッピング術)を行うのか、あるいは血管内手術(コイル塞栓術)を再び行うのか、再度検討を行います。
血栓症に注意しましょう
  
コイル塞栓術に特有の現象として血栓ができやすくなります。血栓とは血液のかたまりで、血管の中にできると血液がうまく流れなくなります。血栓が脳血管を塞ぐと脳にダメージを与えます。これが脳梗塞です。血栓症を予防するために服用するのが抗血小板薬です。医師の指示通りに飲みましょう。

<術後の生活>

術後4~7日後で、もとの生活に戻ることができます。
血圧に注意しながら普通の生活を送ります。

ページトップへ


ページトップへ

テルモは、グループ会社のMicroVention社と共に、くも膜下出血の予防に取り組んでいます。