文字サイズ

【総合監修】神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科 部長 坂井 信幸 先生
    【監修】先端医療センター病院 脳内管内治療科 医長 坂井 千秋 先生


脳動脈瘤の治療法【1】

治療は二種類

脳動脈瘤の治療法には、開頭手術(クリッピング法)と、血管内治療(コイル塞栓術)があります。

開頭手術(クリッピング法)は、皮膚と頭蓋骨を切り開き、瘤の状態を目で確認して行う方法で、歴史が古く今でも多く実施されています。

血管内治療(コイル塞栓術)は、足のつけ根から細い管を挿入し、X線透視を行いながら進める方法で、近年増えてきている治療法です。短時間で治療でき、身体への負担が少なく高齢者も受けやすい治療法です。

動脈瘤の大きさ・形・部位、患者さんの年齢や病状によって適した方法を選びます。

治療法の概要

開頭手術(クリッピング術)

全身麻酔下で開頭して手術を行います。

マイクロサージェリーという顕微鏡を用いた方法により、脳動脈瘤の根もとの部分を、血管の外側からクリップではさみ、瘤の中に血液が入らないようにすることで破裂を防止する手術です。脳動脈瘤の形に関係なく治療できますが、脳の深い部分では治療が難しくなります。

血管内治療(コイル塞栓術)

脳動脈瘤の中にやわらかい金属でできたコイルをつめることにより、破裂を防止する、切らない手術です。身体に与える影響が少なく、局所麻酔下でも治療できます。ただし、瘤の形によっては、この治療法ができない場合があります。

一般的には、足のつけ根の動脈からカテーテルを挿入して脳の血管にまで到達させて、脳動脈瘤の中にコイルをつめます。コイルはプラチナ製で、形状や太さ、長さ、やわらかさの違いにより、数百種類以上もあります。瘤の形に合わせて複数のコイルで隙間なく埋めます。

治療法の比較

  開頭手術
(クリッピング術)
血管内治療
(コイル塞栓術)
特徴
  • 到達可能な部位への安全性は高く、後遺症が残る心配は少ない。
  • 治療が完了すればほぼ再発しない。
  • 全ての部位の脳動脈瘤(3mm以下の脳動脈瘤など)に対処できる。
  • 全身麻酔、局所麻酔のどちらも可能。短時間で治療できる。身体への負担が少なく高齢者も受けやすい。
  • 開頭手術が難しいような、脳の奥深い位置にある脳動脈瘤でも治療できる。
注意点
  • 開頭手術は全身麻酔下で行うため、生活習慣病などのコントロールが悪い場合には実施が困難なことがある。
  • 瘤が脳の中心部にある場合は、危険性が高くなる。
  • 手術創(手術の傷あと)の不快感が残る場合がある。
  • 2mm以下の小さな動脈瘤、また瘤の形によっては適さない場合がある。
  • 瘤の根元が広いとコイルを瘤の中に収めにくい。(ステントを使って対処できる動脈瘤が増えてきている)
  • 脳動脈瘤から別の血管が枝分かれしている場合、コイルで瘤をふさぐと血流が途絶える場合がある。
治療の流れ 開頭手術(クリッピング術)の流れ 血管内治療(コイル塞栓術)の流れ

ページトップへ


ページトップへ

テルモは、グループ会社のMicroVention社と共に、くも膜下出血の予防に取り組んでいます。